営業再開について(長文になりますが、ご一読をお願い申し上げます)

埼玉県では5月末日まで緊急事態宣言が延長され、不要不急な外出を控えなければいけない状況であります。
この状況が本当に5月末までなのか?それともまだまだ延長されるのか?誰にもわかりません。

ただ、わかる事としては新型コロナウイルスに対して有効な新薬やワクチンが全世界に行き届かなければ、以前のような生活が出来ないということです。

そして、以前と同様の生活まで自粛生活を送るというのは現実的ではありません。
身体も心も経済も疲れ切ってしまいます。

そうならないためには、どこかのタイミングで今のこの状況と上手く付き合って生活をしなければいけないと思います。

上記のタイミングが今なのかはわかりませんが、ロッククラフト川越としては段階的に営業を再開し、少しずつ通常営業まで進めたいと考えております。

その第一段階が『ホームジムとしてご利用されているお客様を対象とした限定営業』です。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためには、3密を防ぐことが基本になります。

そのためには、同時間帯のご利用人数を制限することで感染リスクを低下させることができると思われます。

クライミングジムにおいては、ソーシャルディスタンス2mを確保するには100㎡あたり8~12名と提言されているため、ロッククラフト川越の場合レストスペースを含めると350㎡のため、最大では40名程が許容範囲になります。

※:一般社団法人 日本クライミングジム連盟の提言

ただ、再開にあたり最初から最大人数で営業するのは感染リスクも大きくなるので、徐々に増やす方向で検討したいと思っております。

また、消毒や換気などもこれまで以上に実施することで感染予防に努めます。特に換気に関しては、ジムの構造上風通りが良いため新鮮な空気を取り入れやすい環境にあります

さらに、ご利用されるお客様にも感染予防のためのご協力をお願いしなければなりません。

自分は良いから・・・ではなく、周りの方への配慮も考えた感染予防のためのご協力です。

以上のようなジム環境を作り出せば、新型コロナウイルスの感染リスクを最小限に抑えた中で営業が再開できると確信しております。

営業を再開するに際し、可能な限りの新型コロナウイルス感染防止対策を実施いたしますが、当店だけでの対応ではリスクが抑えられません。つまり、ご利用される皆さまのご協力が無ければ成り立ちません。そのため、ご利用に際してのお願い事が多くなり大変申し訳ないのですが、どうかご理解をお願いいたしまして、ロッククラフト川越に集う皆さんと一緒に新型コロナウイルスの壁をオンサイトで乗り越えることを目指したいと思います。

今後もご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます。